1. ホーム
  2. アウトドア
  3. 精密機器類
  4. ≫ 「Ambit」を軽量化、グレードアップさせ、様々なスポーツに対応する機能をプラスしています。 何処よりも早くお届けします。!!

「Ambit」を軽量化、グレードアップさせ、様々なスポーツに対応する機能をプラスしています。 何処よりも早くお届けします。!!


スント アンビット2S HR (5気圧防水) SUUNTO AMBIT2S (安心正規品メーカー2年保証/日本語説明書付)【マラソン201401_送料無料】【RCP】
スント アンビット2S HR (5気圧防水) SUUNTO AMBIT2S (安心正規品メーカー2年保証/日本語説明書付)【マラソン201401_送料無料】【RCP】

日本正規品(メーカー2年保証/日本語説明書付) 仕様 本体:陽極酸化アルミニウム フェイス素材:ミネラルクリスタルガラス 防水:5気圧(50m) 厚さ:15.5mm 重量:72g バッテリー持続時間 最大8時間/GPSデータ取得頻度1秒毎 最大25時間/GPSデータ取得頻度60秒毎 最大15日間/時計画面表示のみ バッテリー:充電式(リチウムバッテリー内蔵) 付属品:USB充電式ケーブル ※ コンセント式チャージャーは別売りです 時計日付表示、GPSによる高度計、GPSによる現在位置計測、速度、距離計測、ルートナビゲーション機能、ストロークカウント機能、パワー計測、3Dコンパス、ストップウォッチ、ラップ機能(オート/マニュアル)、バッテリー残量表示、アラーム機能、デュアルタイム機能、アップグレード機能、液晶画面色切り替え機能 ・HRモデル着用時に追加される機能 心拍数、心拍グラフ表示、消費カロリー表示、リカバリータイム コンパス 地図とコンパスが指す「北」を磁針偏差の補正で一致させ、正確な方向を表示。

解く手の目標物を設定してロックさせることも可能。

心拍数 付属の心拍計測ベルトを胸部に装着することで心拍数や消費カロリーを表示します。

時刻 24時/12時の2通りの表示ができる時計機能です。

クロノグラフ (ストップウォッチ) スプリットタイム(途中経過時間)と23時59分59秒までの1着と2着の終了時間計測が可能です. データ ダウンロード 記録したデータをpcへダウンロードにて確認することが出来ます。

GPS 位置を計測することで、移動の軌跡や高度、速度や距離を計測・表示します。

消費カロリー 計測・表示 時計本体に体重やアクティビティレベルなどをパーソナルデータを入力することで、米国スポーツ医学界(ACSM)の基準に基づきトレーニング中の心拍数や消費カロリーをリアルタイムに計測・表示します。

速度/距離 リストップコンピュータとワイヤレスリンクでランニングやバイクなどの速度や距離データを記録します。

デュアル デュアルベルトが同梱されています。

リアルタイムの心拍数の動きをスポーツコンピュータへ送信しまいす。

正確な心拍数の測定が可能となります。

ポッド SUUNTOの対応アクセサリーPODとの使用が可能なスポーツコンピュータです。

ピーク・ トレーニング 効果表示機能 リストップコンピュータ本体が計測されるトレーニング中に体にかかる運動の負荷の最大値を5段階のトレーニング評価で表示します。

▲ あなたに最適のパートナーは? 【スポーツウォッチ特集】▲ その他のスントブランドをお探しの方はこちらをクリック ●メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています 。

GPSモデル「スント Ambit(アンビット)2S」 軽量化により、あらゆるスポーツに対応する 〜 バイクの「パワー計測」、スイムの「ストロークカウント機能」を搭載 〜 ■軽量マルチスポーツモデルが登場 内蔵されたGPSを活用して位置情報を得ることで、速度や距離、高度、移動の軌跡を計測する「スントAmbit」。

2012年の春に発売され、瞬く間にアウトドアスポーツウォッチのプレミアムモデルとして、トップアスリートのみならず、登山家やトレイルランナーをはじめ、様々なフィールドで活動するアウトドア愛好家に定着いたしました。

この度発売される「Ambit2 S」は、世界中で高い評価を得た「Ambit」を軽量化、グレードアップさせ、様々なスポーツに対応する機能をプラスしています。

まずはその重量。

GPSモデルながら72gへ軽量化、本体を約3mm薄くする小型化を実現しました。

コンパクトになって装着感がアップした軽量ボディの中には、スイムのストローク数をカウントする「ストロークカウント機能」、トライアスロンのような多種目のレースデータをそれぞれ計測できる「マルチスポーツモード」を搭載しております。

また低電力の無線通信規格「ANT+」にも対応。

これにより「ANT+」に合致した機器を使用できるため、たとえば短時間でトレーニング効果が上がるパワートレーニングも管理可能です。

もちろんこれらのトレーニングデータは、スントが運営する無料のスポーツコミュニティサイト「Movescount.com」で管理可能。

またグーグルマップ上で移動の軌跡を表示させることもできます。

【 スント Ambit2 S に加わった新しい機能 】 ■マルチスポーツに対応 主にトライアスロンレースなどの活用に適した機能です。

「Ambit」では種目単体でのタイム計測でしたが、「Ambit2 S」ではトータルの競技時間と、種目ごとのタイムが計測できます。

あらかじめスイム→バイク→ランと競技の順番を設定しておけば、簡単なボタン操作でその切り替えが可能です。

トライアスロンのほかにも、ラン→バイク→ランと種目が変わる競技をするデュアスロンなどにも使用いただけます。

■ストロークカウント機能 内蔵された加速度センサーを活用し、スイムのストローク数をカウントします。

オープンウォータースイムはもちろん、屋内プールでもカウント可能。

泳いだ距離に対してのストローク数が表示されるので、自分の泳ぎの効率を知ることができます。

※「Ambit2 S」を装着している側のストローク数のみカウントされます。

■パワートレーニング対応 低電力の無線通信規格「ANT+」に対応したことにより、この規格に合致した機器を使用できます。

ペダルを踏む力を計測するパワーメーターも使用できるようになったため、自転車のパワートレーニングなど練習効果を高めるトレーニングにも使えるようになりました。

※「ANT+」は世界共通規格のため、対応機器であればメーカーを問わず使用できます。

【 スント Ambit2 S の主な機能 】 ■GPSデータ取得機能 自動車のナビゲーションシステムにも採用されている最新のGPSチップ「SiRFstar4」を搭載。

正確な位置データを取得することで、速度や距離、移動軌跡などを計測します。

■トレーニング機能 心拍計測ベルトを使用して、心拍数を計測できます。

また運動中にかかる負荷を5段階の数値で表示。

レース時のペース配分やトレーニングの効果をより分かりやすくユーザーに伝えます。

さらにトレーニング後の身体が完全に回復するまでの休息時間を表示するなど、ユーザーのパートナーとして効果的にトレーニングをサポートします。

■Movescount.com 「Ambit2 S」は付属の充電ケーブルでPCと接続可能。

あらかじめ設定をしておけば、スントが運営する無料のスポーツコミュニティサイト「ムーヴスカウント・ドットコム(www.movescount.com)」に自動でアクセス。

このサイトでは、日々のトレーニングデータの管理、トレーニングメニューの作成のほか、コメントを入力したり、友人とコミュニケーションをとるなど、SNSサイトとしても利用できます。

また、同サイト内にはユーザー自身が「Ambit2 S」の機能を自由にカスタマイズし、追加できる「スント アプリゾーン(App Zone)」があります。

世界のスントユーザーが作ったアプリをダウンロードすることも、自身が作ったアプリを世界に向けて公開することも可能です。

※アラーム(警告音)が鳴るアプリにも対応できるようになりました。

スポーツ・インストゥルメントの最高ブランド、スント フィンランドのヴァンター市に本社を置き、スント社はダイビング機器の世界トップメーカー スント社はスキー、ハイキング、ダイビング、セーリング、ゴルフなど豊富に網羅している スポーツ機器製造のトップメーカー。

先進の計測技術やデータプロセス、特定のアルゴリズムが スポーツする人々に有効に働きかけることに力を注ぐことを経営戦略の柱としています ★ 〜★ 日本正規品(メーカー2年保証/日本語説明書付) ★ 〜★ トップアスリートのみならず、登山家やトレイルランナーをはじめ、様々なフィールドで活動するアウトドア愛好家に定着しています。